関東一の「林業県」をめざして!

県土面積の約7割、42万ヘクタールにおよぶ群馬県の森林は、
先人達のたゆまぬ努力により守り育てられてきたものである。
この森林資源を有効に活用し林業を再生することが、私たちの使命である。
渋川県産材センターは、材質にかかわらずA材、B材、C材の全ての材を定額で
買取るという理想を実現し、林業の再生に取り組む施設である。
群馬県森林組合連合会は、このセンターを核として「森林県ぐんま」から
「林業県ぐんま」への飛躍を目指します。